モテ子のメールテクニック

カテゴリー | ・返事を遅らせて彼の気を惹く

時には返事を遅らせるのも効果的

モテテクではもはや常識となっている彼をちょとだけ焦らせるテクニック。実はこれ、メールでも効果がありますよ。

あなたも経験がありませんか。普段、頻繁にメールを交わしている彼から、突然返事が来なくなったりするとちょっと心配になることが。

人は、日常的なことや習慣的な出来事が何の前ぶれもなく急に途絶えると、誰でも多少は気になるものですよね。

たとえば、いつも会うはずの人と会わなかったり、いつも話しかけてくれる人が話しかけてくれなかったりすると、なぜかそのことが気になってあれこれ考えてしまうものです。まぁ、大抵は何事もなくしばらくするとまた普段の日常に戻るわけですが、それでもなぜか気になるのが人間の心理というもの。

実は、相手を焦らせるモテテクのコツもここにあるんです。


【合コンセッティングなら】
【 RINOVA STYLE 】



ごく当然のことが当然ではなくなると人間は不安になります。そうなると大抵の人は、その事に対して意識を集中する時間が増えるんです。

また、その間の思考状態はほとんどの場合マイナス方向に傾きがち。もしそれが大好きな相手なら、「あれ?もしかして嫌われてるの?」「気にさわること言ったけ?」などなど…後ろ向きな理由を頭の中で詮索してしまう傾向が強くみられます。

しかし、そうやっていろいろなことを考えるほど、相手が心の中を占める割合は大きくり頭の中から離れなくなります。

今回のトピックでは、こうした人間の心理的な働きをメールに応用するための方法をお話します。と言っても難しいことは何もありませんが。

まず、メールの場合にはちょっとした仕込(事前準備)が必要です。

メールでこの方法を使って効果を得るには、あらかじめ相手と頻繁にメールを交わして、そのペースに相手を慣れさせておく必要があります。

仮に1週間に1回の割合でメールのやり取りをしている様なら、2〜3日に1回の割合でメールを交わすようにガンバってみてください。ただし、この段階で既に2〜3日ペースでメールのやり取りをしている場合には、それ以上ペースを上げる必要はありません。あまりしつこ過ぎるのも相手に嫌われますから。

また、相手と交わすメールの内容は何でもかまいませんが、なるべくポジティブな話題、明るい話題を心がけてください。それさえ注意してもらえれば、あとは普段と変わらないメールのやり取りを1ヶ月くらい続けて頂ければ十分だと思います。

1ヶ月が経過したら、最後の返信を送ってからしばらくメールをストップします。具体的には、1〜2週間くらいが適当だと思いますが、どうしても心配な人は原則5日間は相手へのメール送信を我慢してください。

この間に実際に相手と会う機会がある人は、その様子をよく観察してみてください。相手の態度が何となく不自然だったり、あなたからメールが返信されてこないことを気にしているようなら効果が期待できます。

こうして5日以上経過するか、または相手の方からメールの返信が来ないことを言ってきたらその時点で作戦終了!相手に今までメールを返信できなかったことへの謝罪と適当な言い訳をして、またいつも通りメール交換を再開してください。

一時的にせよメールの返信がストップしている間、相手はあなたの事をいろいろ考え心配もしていたはずです。そのことに対するお礼と、メールを返信できなかったことに対する謝罪の気持ちは忘れないようにしてください。そうすれば、些細なことが原因でお互いの関係が壊れる心配もないはずです。

ただし、メールは相手の顔が見えない分、ちょっとしたことが原因で誤解を生む可能性があります。このため、交際して間もない相手やぎくしゃくしている関係の相手にこのテクニックを使うことはオススメできません。

交際も順調である程度お互いを理解し合えている恋人同士で、メールによる予想外の展開で相手の意識をさらにこちらに向かせたいときに使うのがよいと思います。

これなら万一失敗しても、「実はね、ちょっとあなたの気を惹きたかっただけなの…ゴメンネ」と悪気がなかったことを伝えれば、相手もあなたの本心をちゃんと分かってくれるはずです。いや、むしろ相手は、今まで以上にあなたのことを愛しく感じると思いますよ。とくに男性は、そういった傾向が多く見られますからね。

正直、このメルテクは駆け引き的要素が強く、少々勇気のいるテクニックなのかもしれません。しかしその分、相手に対して今まで以上にあなたを意識させる効果が期待できます。これは、間違いありません。

以前よりデートの誘いが増えた、優しさや思いやりを感じられるようになった、相手からこうした傾向が見られたらこの作戦は大成功といえます。
ムービーブログはDTIブログ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse